EDIT l RSS

まど。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | CM(0) | TB(0) |
ASAKITA市民ミュージカル出身の高野菜々さんが、音楽座の主役の座を射止め広島に凱旋公演です
 ミュージックシアターASAKITA出身の高野菜々さんが、ミュージカル女優になる!という夢を叶え、広島に凱旋公演にいらっしゃいます。

わたしが広報を勤める広島演劇協会の広報誌「THE座々」にぜひ取り上げさせていただきたく、先日インタビューをとらせていただきました。

オーディションを受けてすぐ、弱冠20歳でミュージカル劇団の老舗音楽座の主役に大抜擢、という一見華やかなシンデレラストーリーのようですが、お話をしていると、なぜ彼女が輝く世界に躍り出ることができたのか、なんとなくわかるような気がしました。
彼女には曇りも迷いもなく、ただ夢を叶えたい、舞台に立って歌いたいという、そのエネルギーを信じる力が抜きん出ていました。

お伺いした詳しい内容は次号の座々に詳しく掲載さえていただきたいと思います。

来月頭の音楽座広島公演は1日だけのワンステージです。
お見逃しないように!!


高野菜々さん


「夢って叶う」

20歳のミュージカル女優、高野菜々の無限大の輝き

 

先日、広島テレビなどでも特集で放映されました、広島出身のミュージカル女優、高野菜々さんが主役を務める音楽座ミュージカル「シャボン玉とんだ、宇宙(ソラ)までとんだ」が、来月初旬広島公演を迎えます。

 

高野さんは、広島市安佐北区出身の20歳。

2008年、オーディションを受けた音楽座のその年の本公演「マドモアゼルモーツァルト」の主役に大抜擢されました。

その、まさに今輝く彼女の原点は、安佐北区民文化センターの事業である市民ミュージカル、「ミュージックシアターASAKITAなのです。

高野さんはとある不思議なきっかけでミュージカルの舞台に興味を持ち小学校5年生の時から、広島を離れる直前の高校生まで、毎年この企画に参加し続けていたそうです。

 

そんな彼女に、「夢」についてインタビューをさせていただきました。

市民ミュージカルの一参加者から、音楽座の主役を射止めるという、一見華々しいシンデレラストーリーまっしぐら、のように思える高野さん。しかしそこには、ひた向きな情熱と努力がひしめいていました。

 

一人でも多くの方に彼女の芝居を観て欲しいと思いましたので、ここではまず公演についてと、彼女のこの作品への想いを紹介させていただきたいと思います。

 

***********************************************************************************************

「私はまだ20年しか生きていないけれど、自分にとって、とても大きな挫折を経験しました。その時、『夢って何なんだろう』って思いました。

 

このミュージカルのメインテーマに『ドリーム』という曲があります。

その歌詞に

『例えば流れ星は見つからなくても、いつの日か夢は叶うんだよ、輝く心があればいいんだ。諦めることなんて誰でも出来る、微笑を忘れずにね』

という部分があるんです。

この曲が私の全てだな、と思っています。

私も2年前までここ広島で夢を見ていたし、夢を失ったこともありました。

でも今は、夢ってそこら中に転がっている、そしてその夢は輝く心があればきっと叶う、って思うんです。

夢ってすごく身近にあるもの。そして今を一生懸命生きることこそが、夢に近づくヒントだという事を、この作品を通して、皆さんにお届けできればと思います。」

 

高野菜々

*****************************************************************************************


 

音楽座ミュージカル「シャボン玉とんだ、宇宙(ソラ)までとんだ」

http://www.ongakuza-musical.com/sakuhin/shabon.php

 

【広島公演】 ALSOKホール(広島県立文化芸術ホール)

2010年5月1日(土) 13:00

 

【一般料金】S席7,770 A席6,720

R's triangle料金】

S席7,350 A席6,300 シニア席5,500 スチューデント席3,500

全席指定/税込み(5歳未満のお客様の入場はご遠慮下さい)

【チケット取り扱い】

音楽座ミュージカルチケットセンター

http://www.ongakuza-musical.com24時間受付)

0120-503-404(日・祝休 12:0018:00

プレイガイド

電子チケットぴあ0570-02-9999(広島公演Pコード:400-548

ローソンチケット0570-000-777(広島公演:Lコード67912

e+(イープラス)http://eplus.jp

中国新聞ふれあい読者室/082-236-2455

デオデオ本店地下1Fプレイガイド/082-247-5111

福屋広島駅前店7Fチケットサロン/082-568-3111

| 演劇協会 | 10:08 | CM(0) | TB(0) |
「顔を見ないと忘れる」広島公演終了しました。
「顔を見ないと忘れる」
広島公演、無事終了いたしました。

ご退場下さった皆様、本当にありがとうございました。
有料動員319名という、大盛況で幕を下ろすことが出来ました。

昼ノ月の皆さんがこちらのブログに広島公演の感想を下さっています。

この公演は、長いスパンの中、色々な要素とさまざまな人の出会いが多種多様に絡み合った末に成功した、制作者として色々と得るものも多くまた学ぶことも多かった公演でした。

繰り返しになりますが、ご来場くださった皆様、ご協力くださった皆様、本当にありがとうございました。
| 演劇協会 | 12:36 | CM(0) | TB(0) |
ABOUT
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ENTRIES
CATEGORIES
PAST LOG
TRACKBACK
バナーリンク
広島ブログ
♪クリックしてね♪
MOBILE
qrcode
LINKS
PR