EDIT l RSS

まど。

<< こふく劇場「水をめぐる2」「水をめぐる3」いよいよ明日からです! | main | 本年のスケジュール帳 >>
「死を迎える=楽しく笑える」?死に顔ピース、お見逃しなく!
 JUGEMテーマ:演劇・舞台
JUGEMテーマ:広島のアート事情
JUGEMテーマ:日常
JUGEMテーマ:健康

これは見逃してほしくない芝居です!
いわさきに直接連絡でも、ご予約承ります!

ワンツーワークス
「死を迎える=楽しく笑える」?
『死に顔ピース』広島公演
作・演出:古城十忍

■日時/
12月15日(土)14:00〜16:00(終演後アフタートークセッションがあります)
         19:00〜21:00
12月16日(日)14:00〜16:00(終演後アフタートークセッションがあります)
      ※受付開始および当日券販売開始は開演の1時間前、開場は30分前
■会場/広島市東区民文化センター・ホール
■料金/一般/3,500円 学生/2,000円
※日時指定・全席自由・消費税込 ※当日券はそれぞれ500円増 
※未就学児の入場はご遠慮ください  
■チケット取扱い/
NPO法人子どもコミュニティネットひろしま   
東区民文化センター・デオデオ本店プレイガイド・福屋広島駅前店
■主催/NPO法人子どもコミュニティネットひろしま
       財団法人広島市未来都市創造財団 東区民文化センター


死を迎える=楽しく笑える」?
去年、胃癌が発覚した身としては、「死」はもはや他人事ではありません。
他人事ではないから考えます。癌で逝った父親も母親も苦しみ抜いて人生最期の時を迎えたので、「死を迎える=壮絶な苦痛」という恐怖に怯える私は「そのとき」に笑って旅立てるのか、まるで自信がありません。
しかし、もし楽しく笑って「そのとき」を迎えられるなら、この先、生きることにも前向きになれそうです。
「死を迎える=楽しく笑える」。
この大きな矛盾に思えることが、果たして実現できるのか。
悶々とした思いを抱えつつ取材を重ね、いろんな人に会い、たどり着いたひとつの答えがここにあります。
作・演出 古城十忍


映像では伝えられない「何か」
「思いやりの医療」を日々実践し、日本中に広める活動をしている「おげんきクリニック」の岡原仁志です。
このたびの『死に顔ピース』の公演は小生が実際に最期のお手伝いをさせていただいた方の実話をもとにしてできた物語です。
この方の最期はかつて、テレビニュースのドキュメンタリーで放送されたことがあります。
その映像から幾つかの事実は視聴者の皆様には伝わりました。
しかし、本人や家族の想いや真実は、その映像では伝えきれていませんでした。
それらの真実を皆様に伝えられる方法は「演劇」ではないかと今、私は感じています。
「おげんきクリニック」院長 岡原仁志
| 制作岩崎の「これは観とこ!」 | 08:59 | CM(0) | TB(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:59 | CM(0) | TB(0) |
COMMENT
COMMENT FORM









TRACKBACK URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
ABOUT
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ENTRIES
CATEGORIES
PAST LOG
バナーリンク
広島ブログ
♪クリックしてね♪
MOBILE
qrcode
LINKS
PR