スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク at | - | - | -

ブログを引っ越します。
書こうかどうか随分迷ったのですが、このままにしておくのもどうかと思うので、正直に書こうと思います。
わたし自身、このブログを始めてから気持ちも環境も変化してきていて、いい機会かと思いましたので。

ブログお引越し「でまど。

昔、わたしにとってブログは唯一の手段でした。
独りで活動を始め、想いをもってやっていくために発言の場を求めていたからです。
ざっくりとした結果、良い事もありましたし、困った事もありました。
続けるのしんどいなあと思ったこともありましたが、負けず嫌い気質から続けていました。
どひゃー、と思うことも、自分を疑うことが苦手なわたしには、慢心にならないためのいいカンフル剤だったような気もします。(過ぎてみればね)
それまで文章をかくということをしたことがなかった中で始めましたから、失敗を重ねながら活字にするということの責任とかも随分学びました。ただ当たり障りのないええじゃないか運動みたいなブログにだけはしたくないと思ってきました。
fringeにとりあげられてから、アクセス数も多くなって、プレッシャーもありました。
でも、今考えるとどこかでそういう選ばれたステイタスみたいなものに固執してきたところがあったかもしれません。
経験を経て変わったこともありますし、ずっと変わらないこともあります。

先日書いた記事にお叱りコメントがあり、まあそれはそれで発信している以上仕方ないので真摯にうけとめてますが、その後炎上、とかいう大したレベルではないですが「匿名さん」になりすまし(偽名?)でコメント欄で意見する、という状況が起きまして。(わたしは匿名のコメントに返事を返しません・・・)そしてさらにそれに憤りコメントが付くという「いくらんでもこりゃよくないな」と思って最低限匿名同士のやりとりは伏せようと思ったのです。
そこで表示の設定をいじったら、操作するところを間違えて記事を全部非表示(下書き)にしてしまったわけです。本当に下書きの記事のもあるので一括操作できず、結果一個一個表示修正していかなければならない事態になり・・・。今はそんな時間もないし気が滅入っていると、それが逃げの手段と受け取ったのか再び匿名さんからの怒り(?)コメントが来ていたり・・・とにかく収集がつかなくなってきたな(沈)と。その不毛な状況からある意味逃げたことに変わりはないんですけど。結局は誰だかわからない人同士がコメント欄であれやこれや言い合う不毛さにすっかり精神が消耗してしまいました。

で、ちょうどそのときフェイスブックの紹介でこのブログを読んだのです。
「ちはるの森」猟師になりました。あと、炎上のこともちょこっと

コメントを読んでいると、読み進めるのがつらくなるような辛辣なものもあります。偽名とか匿名とかホンマ好き勝手かけるということに怒りや怖さを感じました。彼女の炎上ぶりに比べたら全然些細なことじゃないか、知らんぷりしてつづければいいじゃないか思ったのですが、ふとわたし、少なくとも今現在はこのちはるさんほどの信念をもってブログをやっているわけじゃないし、そのやり取りから誰かが何かを知る、みたいな建設的な類でもない。だからそこと横並びに自分を正当化するのはおかしい、というかはずかしいと感じました。なんというか、わたしの場合「全然気にしてませんよー」と意固地になるレベルでしか出口がないってことです。
たかが演劇、たかがブログなのに勝手な勝ち負けの妄想にとらわれて居る、すごく小さな世界の住人。
なので、ごめんなさい。
少なくとも最近は特定の誰かを誹謗中傷しようと書くことはありませんでしたが、熱すると文章が大味になりやすいたちなので、受け取り方によっては不愉快な思いをされたかもしれないと反省しました。でも、やはり自分の経験を通じて感じで打開し培っていこうと活動しているので、基本的にスタンスは変わらないです。すみません。
ただ、そのうえでこれからどういう自分に成りたいだろう?と考えたとき、インターネット口論屋ではないなと思いました。想田監督みたいな人なら、さらに簡易なツイッターでもしっかりと反対意見に立ち向かえてそこから得られるものがあるけど、わたしはまだまだ土台無理。その場しのぎのネット屋ではなく本物の文章をかけるように目指したい。それにはもっともっと勉強が必要です。

このブログも、アクセスが大体1日100〜300あったみたいですし、多い時で600とかあると、月で10000近い数字になることもありました。数字って怖いな、と思いました(笑)
記事が消えてしまって、当然がくんと20〜40くらいになっていました。
「宣伝」のことを考えるとここまで積み重ねたことをやっぱもったいないのかも、とも思いました。
でも「何か新しい事を始めるときは、勇気を以て惜しいと思うものを手放す」ということを決めていて。
判る人にしかわからない話ですが(笑)fringeのSNSをやめる時もずいぶん悩みました。制作者が集まり、正直に意見しあえるSNSに「独りじゃない」と救われたこともあったので。すごく感謝をしていました。制作者友達も増えました。
そのネットワークを手放すのは正直惜しかった。
でも、どうしても出直したいと思ったので、えい、と手放しました。
結果、やめても友達のひとは友達です。「輪」からはある程度外れたのかもしれませんが後悔はしていません。
精神的な安息所としてSNSで受けられるご利益は受け切ったと思います。同じように、ブログというツールで得られるものはすでに得切っているのかもしれないと思いました。

今はこのブログを始めた頃と違って事務所もあるし、具体的にやらないといけないことも増えました。
余計な敵を作るなと助言(忠告)頂いたこともありました。それでも、主義をもってやっていきたい、と折れないことも昔はありましたが、今は主義主張を大声で叫ぶより、力になってくれる人、後についてきてくれる人が大事です。
顔をみてできない議論はわたしにとってはあまり収穫がない。実際ネットじゃなくても、足を運んで顔を合わせれば色んな地域の人と、意見を交換できます。ならば、顔を合わせて話せる人に誠意を注いで話したほうがいい。

そしてもう一つの転機。先日のミーティングで、C.T.T.を上演する場にさえ困る事態にすごく絶望感を感じました。
きーーっとなって、「もう自分で演劇がちゃんと上演できる劇場をつくったるわ!」と話すと相方も藤井さんも佐々木あやも快く賛同してくれて、facebookで発言すると、そういう場を求めている人が多くいることに気づかされ、これは取り組み始める時期かも、と思いました。
とはいえ、ついったーやフェイスブックだけのインターネットに依りたくないので、ひとまずブログを引っ越すことにしました。またゼロから。全然扱い方をマスターしていないブログですが。
いつか気が向いてい、さらに修正の時間があったら、このブログをまた表示できるよう修正することもあるかもしれませんが、今はべつにいいかなと思っています。
往生際が悪いかなとも思ったのですが、それは、見えない知らない誰かにどう思われるかばかりを気にしている証拠でした。言い訳がましいと思われてもちゃんと書いて終わりにしよう、と決めると、ここ数日ちくちくしていものが、やっとなんとか快方に向かいそうに思えました。
長々とすみませんでした。
ありがとうございました。

Posted by 「まど。」管理人 at 17:29 | - | - | -

スポンサーサイト

Posted by スポンサードリンク at 17:29 | - | - | -

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Profile

♪クリックしてね♪

Recent Entries

Archives

Categories

Bookmarks

Recommend

Recent Trackbacks