EDIT l RSS

まど。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | CM(0) | TB(0) |
「水をめぐる」についての劇評です。
 




| 制作岩崎の「これは観とこ!」 | 21:18 | CM(0) | TB(0) |
大切な人が、もっと大切に思える、そんな芝居です。
JUGEMテーマ:芸能
JUGEMテーマ:広島のアート事情
JUGEMテーマ:演劇・舞台

こんにちは。
岩崎きえです。
こふく劇場の広島公演が迫ってきています。

旧知の友人である、宮崎県都城市で活動する劇団「こふく劇場」。
地道な力強さと、表現力を兼ね備えた実力を感じます。
近年でわたしが一番号泣した「水をめぐる2」を
また広島で紹介できてとてもうれしいです。
ぜひ、一人でも多くの方にご覧いただければと思います。

ご希望の方は
a.p.musyokutoumei★gmail.com
(★をアットマークにかえてください)
にお名前、ふりがな、ご希望日時と枚数
を連絡くだされば、受付予約いたします!

【広島公演】
アステールプラザ芸術劇場シリーズ
◆11月17日(土)19:00〜 「水をめぐる2」
11月18日(日)14:00〜 「水をめぐる3」
(開場は開演の 30分前です)
★各回に永山さんとゲストによるアフタートークあり
11/17(土) 中村房絵(天辺塔)
11/18(日) 柳沼昭徳(烏丸ストロークロック/京都)
◆会場:アステールプラザ 多目的スタジオ
◆チケット料金:
一般 ¥2,500(当日 ¥3,000)
大学生以下 ¥1,000(前売り・当日ともに)
2作品セット券 ¥4,000(前売りのみ)
| 制作岩崎の「これは観とこ!」 | 20:20 | CM(0) | TB(0) |
第七劇場広島公演「班女・邯鄲」始動しています。
JUGEMテーマ:広島のアート事情
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 
第三回目となる、第七劇場の広島公演。胎動しています。
今年は再びスタジオ2ですので、去年より席数が減ります。
完売が予想される回もございますので、ご予約はお早めに!
第七劇場の「ミシマ」わたしは数年前、岡山で拝見したのですが、正直、何年たっても忘れることができません。
そういう芝居を、体験しにいらしてください。

待つのね。待って、待って、…そうして日が暮れる。
あなたは待つのよ。…私は何も待たない。

うちの庭は死んでおりますんですよ。
こうなったのは、ずっと前からでございます。


作 > 三島由紀夫 「近代能楽集」より
構成・演出・美術 > 鳴海康平
出演 > 佐直由佳子 木母千尋 小菅紘史 菊原真結
    米谷よう子 伊吹卓光 / 仲谷智邦 石井萠水(SPAC)

照明 > 島田雄峰 (Lighting Staff Ten-Holes)
音響 > 和田匡史




■ 日時
2012年9月22日(土)19:30開演
2012年9月23日(日)13:00開演、18:30開演
       
■ 会場
広島市東区民文化センター スタジオ2
       
■ 入場料(全席自由・日時指定) 
一般2000円、学生1000円(前売・当日ともに)
           
■ 注意事項
※受付開始は開演の30分前、開場は20分前より
※各回終演後に演出家とゲストを交えてアフタートークを実施
※上演時間は80分程度
※開演時間を過ぎますと演出の都合上、一時ご入場をお待ちいただく場合がございます。
       
■ 協力公演情報
ドラゴンクラブ『畢生 All one's life』(9月21日〜23日@アステールプラザ)
B-LUCKS♪『スペーストラベラーズ@広島』(9月22・23日@南区民文化センター)
のどちらかの半券を持ってお越しいただくと、ちょっぴりお得になります。
同じく、本公演の半券を持って上記公演に行かれる場合もお得になります。ぜひ観劇にご利用ください。
       
■ 鳴海康平(なるみこうへい)
第七劇場主宰、演出家。1979年北海道紋別市生まれ。東京在住。早稲田大学在籍中の1999年に劇団を創設。戯曲のテキストから人間の普遍性を抽出し、時代や国を問わず人間が抱える豊かさと孤独を示す演出や、日本の伝統芸能の持つ力強さとコンテンポラリーな身体性が共存するパフォーマンス、場所の特徴を活かした美しい空間構成で国内外において高い評価を得る。これまで国内15都市、海外3ヶ国5都市で作品を上演。
演出以外にも、フェスティバルディレクターやアドバイザー、日本各地での俳優や市民、学生を対象としたワークショップ、アーツ・マネージメントに関する勉強会のファシリテーター、小学校や早稲田大学などに特別講師として招かれるなどの、教育・育成活動も行う。
財団法人舞台芸術財団演劇人会議会員。SENTIVAL!フェスティバルディレクター。芸術文化活動支援員(文化庁・2010年度 芸術文化活動支援員派遣事業/天神山文化プラザ)。ポーラ美術振興財団在外研修員(フランス・2012年秋より)。

■ 第七劇場
1999年、演出家鳴海康平と数名の俳優によって設立。古典戯曲を主に上演し、身体性確かな俳優のパフォーマンス、美しい空間構成によるポスト・ドラマと普遍性が、日本国内およびフランス、ドイツ、韓国で高く評価される。国境を越えることができるプロダクションをポリシーに作品を製作し、日本国内各地、海外で広く活動。これまで国内14都市、海外3ヶ国5都市で作品が上演される。2006年より東京・豊島区にあるatelier SENTIOのレジデンスカンパニーとなる。
http://dainanagekijo.org/
■ 主催
第七劇場  
       
■ 共催
財団法人広島市未来都市創造財団 東区民文化センター
舞台芸術制作室 無色透明
       
 

| 制作岩崎の「これは観とこ!」 | 16:23 | CM(0) | TB(0) |
本日、ワンツーワークスの古城さん演出のDOCS公演、ご都合よい方はぜひ!
JUGEMテーマ:演劇・舞台

 
やっぱり稽古場っていいなあ、最近のわたしの不調はこういう空間にいないからかもしんない。

演出の古城さん(劇団ワンツーワークス)の言葉が、またよい。
丁寧で、愛にあふれていて、厳しい。
やっぱ、役者にとって演出の言葉って宝だと思う。

明日の公演、お時間在る方、ぜひ。
笑いあるSFでありながら、邪険にされるゴジラは実は人間のつくりだした放射能によって理不尽に産み出された生物なのに、という伏線を無視できない作品だって、感じました。

DOCS 8月公演 「GODZILLA -ゴジラ-」
2012年8月11日
入場料 1,000円
場所:スタジオ
時間:14:00〜18:00〜
料金:1,000円

■開催日: 2012年 8月 11日
■場所・時間等: 開催場所/南区民文化センター スタジオ
時間/(1)14:00〜(2)18:00〜
内容
■料金:各回1,000円(税込・全席自由)
■内容:可憐な少女やよいは「会ってもらいたい人がいる」と両親に話す。
その「会ってもらいたい人」とは、なんとゴジラだった・・・!
作/大橋泰彦
演出/古城十忍

【DOCS(ドックス)について】
Drama Origin's Creative Studio(演劇起源創造スタジオ)の略称です。
演劇の根幹である戯曲を創作する「戯曲講座」、演劇の基礎を習得する「演技講座」を学ことで、
未来の広島演劇界を担う人材の育成を目指しています。(今年度は「演技講座のみ実施)
ユース世代における多感な時期に、プロの指導による多くのノウハウを学び、舞台表現に必要な基礎力と、自身の可能性を広げます。
今年は12名が未来の演劇人を目指し、日々頑張っています。 続きを読む
 

 

 

| 制作岩崎の「これは観とこ!」 | 01:37 | CM(0) | TB(0) |
「アルルカン(再び)天狗に出会う」 東京公演中。来週は福岡です。
JUGEMテーマ:芸能
JUGEMテーマ:演劇・舞台
JUGEMテーマ:フランス文化・フランス語


ディディエ・ガラスによる一人芝居「アルルカン(再び)天狗に出会う」無事終了いたしました。
両日とも(雨天の中)大変多くのお客様にお越しいただくことができ、本当に幸せです。
ありがとうございました。

昨日から東京公演が幕を明け(月曜日まで)、来週は福岡の公演です。
ああ、飛んでいきたい〜。観に行きたい〜。
もし「行こうかどうしようか」と迷っていらっしゃる方は、とにかく行ってみてください!


すえたけさんこと、広島のある・パチーノ。素敵な感想をありがとうございます。
http://suesiki.com/?mode=comment&act=captcha
パチーノのすごく満足してくれた表情が、わたしの疲れを吹き飛ばしてくださいました!

こちら、ワンダーランドに掲載されている劇評。
http://www.wonderlands.jp/archives/21033/

京都の小暮さんも感想をアップくださっています。
http://kogure.exblog.jp/15647710/

そしてディディエご本人も、ブログに広島公演のことをアップしてくれました!(ただしフランス語です^^;通訳の方に教えていただきました^^;)
ディディエのブログ
http://didiergalas.wordpress.com/2012/07/04/hiroshima/

広島スタッフの藤井友紀が、「宮島のからす天狗」を写真にとっていて、それを初日打ち上げでディディエに見せてあげていました。ディディエは興味津々!次の日本番前に会いに行ったそうです。
なんという行動力!

++++++++++++++++++++++++++++++++++
【東京公演】SENTIVAL!2012参加
2012年7月7日(土)〜9日(月)※全3ステージ
7日(土)19:30
8日(日)15:00★
9日(月)19:30
<チケット> *全席自由、日時指定
料金 予約・当日ともに 3000円 
学生 2000円 ※要学生証 
オンライン予約 https://ticket.corich.jp/apply/36008/
NPO劇研 電話 075-791-1235  [10:00〜18:00] 
★終演後、トーク!実施

【福岡公演】FPAP リンクプロジェクト2012
2012年7月14日(土)〜15日(日)※全2ステージ
14日(土)18:00★
15日(日)15:00
<チケット> *全席自由、日時指定
料金 予約・当日ともに 2500円
学生 2000円 ※要学生証 
 オンライン予約 https://ticket.corich.jp/apply/36009/
NPO劇研電話 075-791-1235 [10:00〜18:00]
九州日仏学館電話 092-712-0904 
★終演後、アフタートーク開催
ゲスト:杉山準(プロデューサー)
司会: 三坂恵美(NPO法人FPAP)
内容:NPO劇研との共同製作の話、そしてフランスと日本の演劇環境の違いについて

| 制作岩崎の「これは観とこ!」 | 14:16 | CM(0) | TB(1) |
ABOUT
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ENTRIES
CATEGORIES
PAST LOG
TRACKBACK
バナーリンク
広島ブログ
♪クリックしてね♪
MOBILE
qrcode
LINKS
PR